【50代】結婚しないパートナー探し!成功する出会いの最適解とは?

【PR】この記事には広告を含む場合があります

50代におすすめな「結婚しないパートナー探し」の方法を知りたい

50代の「結婚しないパートナー探し」にコツはある?


50代になって、結婚はしたくないけどパートナーは欲しいと感じ始めているあなた。

この記事を読めば、50代の「結婚しないパートナー探し」で成功する方法とコツがわかります。

先に結論をお伝えすると、下記2つを活用するのが一番の近道です。

「結婚しない前提で、同じ価値観の同世代にアプローチできる」マッチングアプリ

「結婚にこだわらないパートナー探しができる」45歳以上の結婚相談所

今すぐ実践すれば、今日にでも第二の人生を分かち合える相手と出会えるかもしれません。

人生一度きり。幸せになれるかはあなたの行動次第です。

ken

はじめまして。
婚活・恋活の有益情報を男目線で発信しているkenと申します。

なんとなく始めた部下の婚活相談で、女子社員のモチベと業績が急上昇。

「結婚・恋愛の幸せ=仕事のパフォーマンスUP」に気づき、女性をモテさせる婚活恋愛論を日々研究中。

今まで96人の相談を受け、68人を結婚or彼氏持ちに導けた経験をシェアしていますので、参考にして頂けると嬉しいです。

※: 2024年6月現在

目次

50代が「結婚しないパートナー探し」をするときのコツ

50代で「結婚しないパートナー探し」をするには、ちょっとしたコツが必要です。

僕が見てきたパートナー作りに成功した50代」には、5つの共通点があります。

一つずつ見ていきましょう。

50代で結婚しないパートナーを作るコツ
  • バツイチも対象にする
  • 価値観の一致を重視する
  • 自然な出会いを待つのではなく恋活する
  • 45歳以上が多い恋活方法をとる
  • すぐに行動する

バツイチも対象にする

パートナーを探しをする際は、バツイチも対象に入れましょう。

なぜなら、50代を初婚(未婚)で絞ると対象が少なすぎるからです。

50歳時点での未婚者は男性28%、女性18%しかいません。※1

バツイチは一度結婚した実績があるので魅力的な人が多いのが特徴

実際、年齢が上がるほど未婚よりバツイチの方が人気があります。

バツイチの魅力
  • 離婚経験から成長している
  • 異性の扱いがうまい
  • 肝が据わっていて余裕がある
  • イケメン、美人が多い
ken

バツイチなら「結婚しないパートナー関係」にも寛容です

※1:内閣府「男女共同参画白書 令和4年版」

価値観の一致を重視する

パートナー探しでは、価値観の一致を重視してください。

50代には、「人生を一緒に楽しめる、分かち合える相手」が必要だからです。

価値観が同じ相手となら、楽しく充実した老後が待っています

下記を参考にチェックすると良いでしょう。

価値観のチェックリスト
  • 趣味
  • 食事の好み
  • 金銭感覚
  • 仕事へのスタンス
  • 休日の過ごし方
  • 人生で大切にしていること

ただし、全てを満たす相手はいません。

譲れない価値観を2つか3つ決めておくのが成功の秘訣です。

ken

マッチングアプリを活用すれば、同じ価値観の相手を見つけられますよ

自然な出会いを待つのではなく恋活する

パートナーを作るのなら、自然な出会いを待つのではなく「恋活」をしましょう。

50代ともなると、普段通りの生活では新しい出会いがなくなってくるからです。

株式会社Q.E.D.パートナーズが40代・50代に実施したアンケートでも、78%が「新たな出会いはほとんどない・全くない」と答えています。

Q.現在、新たな異性との出会いの機会はありますか?

※回答:40代・50代の男女132名

ほとんどない:46.2%
全くない:32.6%
合計:78.8%

引用:株式会社Q.E.D.パートナーズ「40代・50代の出会いに関する意識調査アンケート」

行動を起こさず待っていても、出会いはやってきません。

「結婚しないパートナー探し」はマッチングアプリで恋活するのが効率的で近道

日常ではあり得ない「出会いの数」があるので、理想の相手を見つけやすいです。

ken

僕の相談者もマッチングアプリでパートナーを作ってますね

45歳以上が多い恋活方法をとる

50代は「45歳以上の参加者が多い恋活方法」をとった方が、成功率が高いです。

なぜなら、20代、30代中心の出会いの場では不利だからです。

また、45歳以上の約半数が「事実婚でも良い」と考えているので、「結婚しないパートナー」を見つけやすくなります。

Q.もし結婚したいと思うお相手がいる場合、事実婚でもいいと思いますか?

※回答:45~64歳の男女415名

はい:45.8%

引用:株式会社オーネット「中高年の事実婚に関する意識調査」

事前に「結婚にこだわらない」「結婚は考えていない」と意思表示できる恋活方法であれば更に良いでしょう。

マッチングアプリは「結婚しない」意思表示をしつつ、同世代にアプローチできます

自己紹介文にキチンと記載しておけば、結婚希望の人とはマッチングしません。

ken

とにかく効率的に恋活できるのがマッチングアプリです

すぐに行動する

結婚しないパートナーがほしいなら、すぐに行動しましょう。

50代のパートナー探しは1日でも若い方が有利

僕の周りでパートナーを作ってる50代は、すぐに動くフットワークの軽い人ばかりです。

恋活を始めることに悩んでる時間は、貴重な若さをムダにしています。

今すぐ動けば、今日素敵な出会いがあるかもしれません。

ken

行動力であなたの未来が変わります

50代で「結婚しないパートナー探し」ができる方法は2つ

結論、50代で「結婚しないパートナー探し」ができる方法は2つ。

マッチングアプリと結婚相談所です。

双方解説します。

50代で「結婚しないパートナー探し」ができる方法
  • マッチングアプリ
  • 意外?結婚相談所

まずはマッチングアプリ

真っ先に試してほしいのは、マッチングアプリです。

下記3つのアプリなら「同じ価値観かつ同世代」の相手を絞り込めます。


詳しくは後述しますが、50代OKの年下」を探す方法もあるので試してください。

自己紹介文に「結婚はしないパートナー希望」と書いておけば、婚活勢とのマッチングを避けられます。

アプリ特長

マリッシュ
自身がバツイチならコレ

<料金>
女性:月額0円
男性:月額3,400円

<特徴>
・「グループ」機能
→価値観が同じ相手を探せる
→50代OKの年下も探せる
・「絞り込み検索」機能
→同世代の相手を探せる

・バツイチOKユーザーが多い
・シンママOKユーザーが多い
・女性完全無料

公式サイト

ペアーズ
田舎住まいならコレ

<料金>
女性:月額0円
男性:月額3,700円

<特徴>
・「マイタグ」機能
→価値観が同じ相手を探せる
→50代OKの年下も探せる
・「絞り込み検索」機能
→同世代の相手を探せる

・ユーザー数が国内最大
・地方でも出会いが多い
・女性完全無料

公式サイト

シンシアリーユアーズ
友達から始めたいならコレ

<料金>
女性:月額0円
男性:月額3,980円

<特徴>
・「タグ」機能
→価値観が同じ相手を探せる
・40〜50代が中心

・友達から始まる出会い
・焦らずゆっくり関係を築ける
・女性完全無料
・婚活ユーザーがいないのでニーズにマッチしている

公式サイト
ken

料金が安いのも魅力ですね

女性なら無料で使えます

意外?結婚相談所

数ある結婚相談所の中でも、オーネットスーペリアなら「結婚しないパートナー探し」ができます。

サービス方針として「法律婚にこだわらないパートナー探しのご支援」を掲げているからです。


しかも、入会できるのは45歳以上限定

結婚相談所ならではの手厚いサポートがつくので、理想的な環境で恋活を進められます。

アプリ特長

オーネット スーペリア
手厚いサポートを受けたいならコレ

<料金>
入会金:33,000円
月会費:12,100円
お引き合わせ:5,500円/回

<特徴>
・結婚にこだわらない
・入会資格は45歳以上

・中高年専門のパートナー探しサービス
・専任のアドバイザー
・相手候補を毎月2名紹介
・3種類の出会い方

公式サイト
ken

本気でパートナー探しをするなら、オーネット スーペリアがおすすめ

50代で「結婚しないパートナー探し」ができるマッチングアプリ

改めて、50代で「結婚しないパートナー探し」ができるマッチングアプリを紹介します。

おすすめは下記3つです。

ken

僕の相談者たちの実績もあります

50代で結婚しないパートナー探しができるアプリ

マリッシュ|自身がバツイチ、シンママならコレ!

アプリ名マリッシュ
運営会社株式会社マリッシュ
会員数(累計)約200万人
男女比5.5:4.5
メイン年齢層30代後半〜40代
※45歳以上も多い
50代
有利ポイント
・「グループ」機能
→同じ価値観の相手を探せる
→50代OKの年下も探せる

・同世代を検索可能
バツイチOK会員が多い
・シンママOK会員が多い
月額料金男性:3,400円
女性:完全無料
ホームページ公式サイトはこちら
マリッシュのGood Point
  • 同じ趣味や価値観で集まるグループ機能
  • バツイチOK・シンママOK会員が多い
  • 同世代を年齢で検索できる
  • 50代OKの年下も探せる
  • 男性側にシンママOKを示す機能あり
  • 女性無料

マリッシュは、バツイチやシンママを全力で応援しているマッチングアプリです。

それゆえにバツイチOK、シンママOKのユーザーが圧倒的に多いのが最大の特徴。

男性側に「バツイチOK・シンママOK」を示す機能があるので、女性はより使い勝手がいいですね。

リボンマーク

50代のパートナー探しに便利なのは、同じ趣味や価値観で集まる「グループ」機能です。

様々なカテゴリーから、「老後も楽しく過ごせそうな相手」を探しましょう。

グループ機能

ちなみに、50代OKな年下パートナーを探すことも可能です。

グループを「50」で検索してみてください。

50代OKのグループ

あなたがバツイチ、シンママならマリッシュ一択で間違いありません。

他のアプリより有利に恋活ができます。

ペアーズ|田舎住まいならコレ!

アプリ名ペアーズ(Pairs)
運営会社株式会社エウレカ
会員数(累計)約2000万人
男女比7:3
メイン年齢層20代〜30代
※45歳以上の会員数は国内最大
50代
有利ポイント
「マイタグ」機能
→同じ価値観の相手を探せる
→50代OKの年下も探せる

・同世代の検索可能
月額料金男性:3,700円 
女性:完全無料
ホームページ公式サイトはこちら
ペアーズのGood Point
  • 同じ趣味や価値観で集まるマイタグ機能
  • 同世代を年齢で検索できる
  • 50代OKの年下も探せる
  • 会員数が国内最大のマッチングアプリ
  • 会員数が多いから地方でも出会える
  • 女性無料

ペアーズはユーザー数が国内最大のマッチングアプリ。

累計登録者数は2000万人を超えており、圧倒的な会員数を誇っています。

会員数の多いので、地方でも出会いに困りません。

マッチングアプリ会員数

50代のパートナー探しで使ってほしいのは、趣味や価値観で集まる「マイタグ」機能です。

15万件以上のマイタグが存在するので、価値観が一致する相手とたくさん出会えます。

マイタグ機能

マリッシュ同様、ペアーズも50代OKの年下を探せます。

マイタグを「50代」で検索してみましょう。

50代OKのマイタグ

ペアーズはメインユーザー層が若いアプリですが、50代も十分活用できるので安心してください。

50代のユーザー数も国内最大です。

シンシアリーユアーズ|友達から始めたいならコレ!

アプリ名シンシアリーユアーズ
運営会社株式会社オープンサイト
会員数(累計)160万人以上
年齢層40代〜50代
50代
有利ポイント
・「タグ」機能
→同じ価値観の相手を探せる
・メインユーザーが40代50代
友達から始められる
ゆっくり関係を築ける
月額料金男性:3,980円
女性:完全無料
ホームページ公式サイトはこちら
シンシアリーユアーズのGood Point
  • 同じ趣味や価値観で集まるタグ機能
  • メインユーザーが40代50代の同世代
  • まずは友達から始められる
  • 人柄や性格をじっくり知っていける
  • 異性の友達、趣味友、食事友が作れる
  • 女性完全無料

シンシアリーユアーズは、2001年から婚活&恋活サービスを続けてきた老舗「ラブサーチ」のリニューアル版。

異性の友人作りに特化したマッチングアプリです。


友達の関係を続けても良いですし、相性が良ければ恋人や結婚相手にもなれます。

「恋愛対象になるか」「結婚相手になるか」の相手探しではないので、自然な出会いに近いですね。

ken

シンシアリーユアーズも趣味や価値観で集まる「タグ」機能があります

タグ機能

メインユーザー層が40代50代なので、同世代が集まっています。

まったりと友活・恋活したい人は一度試してみてください。

50代で「結婚しないパートナー探し」ができる結婚相談所

サービス名オーネットスーペリア
運営会社株式会社オーネット
種類仲介型
男女比4.8:5.2
年齢層45歳以上
支社数3支社
銀座・大阪・名古屋
50代
有利ポイント
・中高年サポートに特化
・45歳以上限定
・結婚こだわらない会員が多い
料金入会金:33,000円
月会費:12,100円
成婚料:なし
お引き合わせ:5,500円/回
ホームページ公式サイトはこちら
オーネットスーペリアのGood Point
  • 中高年のサポートに特化
  • 入会資格が45歳以上
  • 専任のアドバイザー
  • 結婚相談所としてリーズナブル
  • イベントやパーティを開催
  • 自分磨きのオプション多数あり

結婚相談所なのに「結婚しないパートナー」を探せるのがオーネットスーペリアです。

サービス方針として「法律婚にこだわらないパートナー探し」を掲げています。


入会の条件が45歳以上なので、同世代のパートナーを探すにはピッタリですね。

専任アドバイザーが付くので、結婚相談所ならではのサポートも受けられます。

ken

まさに「50代の結婚しないパートナー探し」のために生まれたようなサービスです

結婚相談所としては最安クラスの価格設定になっています。

50代で本気のパートナー探しをするなら、資料請求しておきましょう。

50代が「結婚しないパートナー探し」をする理由

50代になると、「結婚しないパートナー探し」をする人が増えます。

なぜでしょうか?

僕が相談を受けてきた経験上、主に4つの理由があります。

50代が「結婚しないパートナー探し」をする理由
  • 子育てが終わって自分の時間ができた
  • ふと寂しいと感じることが増えた
  • 趣味や食事を一緒に楽しむ相手がほしい
  • 老後に不安を感じる

子育てが終わって自分の時間ができた

50代は「子育てが終わって自分の時間ができる人」が増える年代です。

多くの人は、子ども第一優先の生き方から、自分の幸せを見つめ直す生き方に変わります。

独身バツイチ50代あるある
  • 子どもが独立し第二の人生がスタート
  • 子育てが一段落して解放感がある

自分の幸せを優先できる環境になるので、「パートナーがほしい」と思うのは自然なことなんです。

ken

僕の相談者も、子ども独立のタイミングで恋活する人は多いですね

第二の人生は自分のために生きましょう

ふと寂しいと感じることが増えた

「ふと寂しいと感じることが増える」のも、独身50代の特徴です。

残りの人生を1人で生きることに孤独を覚えるからです。

生き甲斐だった子どもが独立した喪失感から、寂しい気持ちが続く「空の巣症候群」になる人もいます。

独身50代あるある
  • 家から子どもがいなくなり孤独
  • この先ずっと1人は寂しいと感じる

また同年代の友達が再婚したり、パートナができたりすることで、寂しさが増すパターンもよく聞きますね。

ken

話を聞いていると、寂しさは歳を重ねるごとに増す印象です

趣味や食事を一緒に楽しむ相手がほしい

50代がパートナーを探す一番の理由は、趣味や食事を一緒に楽しめる相手がほしくなるからです。

人生100年時代、残り半分の時間を1人で過ごすには長すぎます

独身50代あるある
  • 1人でする食事や趣味に虚しさを感じる
  • 人生の喜びを分かち合える相手がほしい

とはいえ、「結婚まではしたくない」のが50代ならではの心理。

事実婚や恋人のままなど、籍を入れない気楽な関係が好まれる傾向にあります。

ken

今は結婚にとらわれない多様性が認められる時代です

老後に不安を感じる

「1人で向かえる老後に不安がある」のも、50代がパートナー探しをする理由です。

特にお金と健康の不安は、多くの人が抱えています。

独身50代あるある
  • 経済面で老後が不安
  • いつまで健康でいられるか不安
  • 孤独な老後になりたくない

しかしパートナーがいれば、経済面でも健康面にも支え合えます。

ken

何より、そばにいてくれるだけで安心感がありますね

独身50代の中で「結婚しないパートナー探し」をする割合

50代の独身男女で「結婚しないパートナーがほしいと思ってる人」は約35%です。

「すでに結婚しないパートナーがいる人」を含めると、50%以上がパートナー探しをしています。

詳しくは下記、株式会社オーネットが実施した「2021年独身中高年の恋愛結婚に関する意識調査」をご覧ください。

ken

50代独身男女の2人に1人がパートナーを望んでいます

Q.あなたは現在パートナー(恋人・伴侶)がいますか。もしくは欲しいですか?

※回答:45~64 歳の独身男女806名

<50歳〜54歳>
パートナーがほしい:35.2%
パートナーがいる:19.1%

<55歳〜59歳>

パートナーがほしい:34.2%
パートナーがいる:18.4%

引用:株式会社オーネット「2021 年独身中高年の恋愛結婚に関する意識調査」

結婚しないパートナー探しをする50代の声

実際に「結婚しないパートナー探し」をする50代の生の声を見てみましょう。

やはり、結婚にとらわれず一緒に人生を歩めるパートナーを求めていますね。

たくさんあって全て載せきれませんが、SNS投稿から一部紹介します。

ken

僕の周りでも、50代になってパートナーがほしくなる人がいますね

結婚しないパートナー探しをする50代の声をもっと見てみる

50代が「結婚しないパートナー探し」をするデメリット

50代の半数がしたくなる「結婚しないパートナー探し」ですが、いくつかデメリットがあります。

下記3点を踏まえたうえで活動したいですね。

50代で結婚しないパートナーをる作るデメリット
  • 相続権がない
  • 税金控除が適用されない
  • 自然な出会いが難しい

相続権がない

婚姻関係がないと、たとえ事実婚であっても相続権がありません。※2

遺産を残したい、相続したい場合は、生前贈与か遺言書が必要です。


ただ、「相続問題で揉めたくないから籍を入れていない」という50代も多いでしょう。

遺産にはお互い関わらない方が、面倒に巻き込まれず平穏な生活を送れます。

ken

相続権がないことは、逆にメリットとも言えます

※2:内閣府男女共同参画局「いわゆる事実婚※に関する制度や運用等における取扱い」

税金控除が適用されない

事実婚や恋人関係では、税制上の控除対象となりません。※3

対象にならない控除は下記5つです。

事実婚では対象外
  • 配偶者控除
  • 配偶者特別控除
  • 贈与税控除
  • 医療費控除
  • 配偶者の税額軽減

しかし、結婚で得られる税制上のメリットがないだけで、現状が悪くなるわけではありません。

ken

50代であれば自立した生活を送っている人が大多数なので、デメリットとしての影響は少ないでしょう

※3:国税庁「よくある税の質問」

自然な出会いは難しい

50代ともなると、普通に生活している中での「自然な出会い」は厳しいのが現実です。

一番の理由は、歳を重ねるごとに独身者の数が少なくなるからです。

内閣府の「男女共同参画白書 令和4年版」によると、50歳時の未婚割合は下記の通り。

50歳時の未婚割合
  • 男性:28.25%
  • 女性:17.81%

参照:内閣府「男女共同参画白書 令和4年版」

新たに習い事を始めたとしても、パートナー探しの場ではないので「独身かつパートナーを求めている同世代」を見極めるのに時間がかかりすぎます。

ken

パートナーを見つけたいなら、マッチングアプリか結婚相談所を活用するのが近道です

50代が「結婚しないパートナー探し」をするメリット

50代が「結婚しないパートナー探し」をするのにはメリットもあります。

僕が相談者からよく聞くのは下記5つです。

50代で結婚しないパートナーを作るメリット
  • 人生の楽しみを分かち合える
  • 精神的にも経済的にも支え合える
  • 健康管理ができる
  • 苗字を変更しなくて良い
  • 相手の家族と距離を保てる

人生の楽しみを分かち合える

パートナーを作る一番のメリットは、「人生の楽しみを分かち合えること」です。

人生100年時代になった今、50代は折り返し地点に立ったばかり。

残り50年を「喜びを共有できる相手」と過ごせれば、幸福度や充実度が大きく上がります。

パートナーがいれば
  • 趣味を一緒に楽しめる
  • 食事が美味しくなる
  • 新しいことにチャレンジしやすい

何より、一緒に歳を重ねていけるので老後が寂しくありません。

ken

2人一緒だと喜びや楽しさが倍増します

精神的にも経済的にも支え合える

パートナーがいれば、たとえ婚姻関係がなくとも精神的にも経済的にも支え合えます。

老後に向けて心とお金に余裕が生まれるのは、50代にとって大きなメリットです。

パートナーがいれば
  • 心の支えができる
  • 人生で起きる辛さや悲しさが半減する
  • お金の面でも助け合える

何かと不安な老後も、パートナーがいれば心強いですよね。

ken

パートナーがそばにいるだけで安心感があります

健康管理ができる

パートナーがいることで健康管理ができるのも大きなメリットです。

50代に入ると、体のいたるところでガタが出始めるからです。

パートナーがいれば
  • お互い健康を気遣い合える
  • 相手からの指摘で生活習慣を見直しやすい
  • 孤独死の心配が軽減する

米国の科学的心理学会によれば、「パートナーを持つ人は長生きする」という研究結果が出ています。

1人で生きるのは健康に良くありません。

ken

体だけでなくメンタルも安定します

苗字を変えなくて良い

当たり前ですが、結婚しないパートナーであれば苗字を変える必要がありません。

50代の場合、苗字が変わることが意外に負担だったりします。

子供が嫌がったり、職場での情報変更が必要だったりで、「面倒臭い」と感じる人は多いです。

結婚しないパートナーなら
  • 子供の苗字が変わらない
  • 免許やカード、口座などの名義変更をしなくて良い
  • 職場で姓の変更手続きがいらない
ken

万が一関係を解消しても、戸籍に記録が残らないのもメリットです

相手の家族と距離を保てる

籍を入れなければ、相手の家族と距離を保てます。

煩わしい親戚付き合いがないのは、お互いに気が楽ですよね。

結婚しないパートナーなら
  • 盆暮正月に相手の実家へ帰る必要がない
  • 相手家族との付き合いは最小限で済む
  • 相続権がないのでお金の揉め事に巻き込まれない

世間でありがちな「姑に対する悩み」もありません。

ken

親戚付き合いが億劫な人には魅力的なメリットです

50代が「結婚しないパートナー探し」をする際の注意点

最後に、50代が「結婚しないパートナー探し」をするときの注意点を見ておきましょう。

意外と大事ですよ。

結婚しないパートナー探しをする際の注意点
  • 結婚はしない前提であることを伝える
  • 経済的な目的だけで相手を探さない

結婚はしない前提であることを伝える

恋活では「結婚しない前提」であることをはっきり伝えておきましょう。

ミスマッチを避けられます。

マッチングアプリ自己紹介文で「結婚しないパートナー希望」と記載しておく

結婚希望の相手には「いいね」しない
結婚相談所アドバイザーに「結婚しないパートナー」を希望しておく

また、マッチングした後も念のため伝えた方がいいですね。

あなたの自己紹介文を見落としている可能性があります

ken

最初に確認しておくことがお互いのためになります

経済的な目的だけで相手を探さない

「経済的な目的だけ」でパートナー探しをするのはやめましょう。

価値観が一致していなければ、結局長続きしないからです。


また、意外と察知されてフェードアウトされることも多いです。

お金も大事ですが、あくまで相性や価値観を第一優先にしてください。

ken

相手は恋愛を求めています

まとめ|50代が「結婚しないパートナー探し」をするうえで大切なこと

50代が「結婚しないパートナー探し」をするうえで大切なことは、下記3つであると断言できます。

ポイント
  • 価値観の一致を重視する
  • マッチングアプリor結婚相談所を使う
  • すぐに行動する
ken

特に「すぐ行動する」のは、50代にとって一番重要です

恋活は、スタートが1秒遅れるごとに「若さ」と「出会いの機会」を失います。

理想のパートナーと出会うために、今すぐ行動を起こしましょう!

人生は一度きり。幸せになれるかどうかは「あなた次第」です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次